ご挨拶

| コメント(0) | トラックバック(0)
沼津は駿河湾と伊豆西海岸という良い漁場を間近に控え、更に首都圏にも近いと言う地の利もあって、昔から海産物の水揚げ港として栄えて参りました。

羽野水産株式会社は、この沼津の地に生まれ育った水産専門商社として、地元に揚がる鮮魚をはじめ、全国の生産地市場から豊富な種類の水産物を仕入れ販売しており、取引先も地元周辺地域はもとより、全国にある営業拠点を通して各地のお客様とも長年に亘る親密な取引関係を持続させて頂いております。

近年日本近海の魚は目立ってその漁獲量が減ってきており、これを補うため弊社としては広く世界の海にその資源を求めて活動を展開しています。即ち、ヨーロッパではアムステルダムに事務所を設置し、周辺の水産物の買い付けをすすめており、隣接するアジア諸国については、頻繁に現場を訪問して相互理解を深め、その他、北アメリカ、南米などにも仕入れの窓口を持っております。

今後時代が変わっても、魚は良質な蛋白源として、私たち日本人を支える大切な食品である事に変わろうはずがなく、「消費者の好む魚を良い鮮度で安く食卓にお届けする事」が水産物流通のプロ集団としての弊社に課せられた使命であると理解し、これからも環境の変化を先取りしながら、この責務を果たしてゆきたいと考えております。 concenter002.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hanosuisan.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/16

コメントする

このブログ記事について

このページは、羽野水産が2010年4月13日 17:45に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「水産流通に対する想い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。